サイトマップ

社員の一言(2019年)

カコテクノスでは毎月1回、小野工場にいる社員が集まって朝礼を行っています。
そのとき社員の1人から、自由に一言皆さんへお話をして頂いています。
その内容をこちらへ掲載しております。都合により掲載のない月もあります。

 

2019年3月 話し手: 製造部 Mさん

去年から○○課で働いて感じていたことをお話しします。
まず、○○課でのネジの締め付け作業の場合は、どの箇所も●●マークが基本ですが、△△製品でのネジの締め付け作業の場合、●●マーク以外にも基板の設置部には××が必要です。
R工場での結線作業では全部の締め付け作業ですべて●●マークと××が必要でした。つまり同じ会社での締め付け作業一つにおいても、仕事の数だけルールが存在するということであり、ルールを把握しておかないと、どんな手際の良い人でも不良を生み出してしまいます。

現在高負荷の状況が続いているので、今後この中から別の部署へ応援作業へ行かれる方も出てくるかと思います。その際はどんな単純なことであっても、その部署の熟練の方にその部署のルールを聞き、理解してから作業に臨めば不良を抑えることができるはずです。

2019年2月 話し手: 品質保証部 Sさん

KAKO STANDARD 35ページの
<ものづくりに関する考え方>「人々の安心・安全を作っている」
に関してお話をさせていただきます。

少し前ですが、弟と食事をしているときに、最近の景気や仕事の近況の話をしていました。
弟が「たしか兄貴のところ電車の部品作ってるよなあ」と言うので、電車の部品を作ってる会社をどう思うか聞いてみました。
「普段電車に乗るときには車体の部分しか見ずにその下の部分を目にすることがないので、特に考えたことはなかったけれど、そういった見えないところにあるブレーキ装置や安心・安全に関わる部品、大事なものを作っている会社なんだろう。空気と一緒で、空気がないと死んでしまう、ないと困る、大事な部品を作っているという意味で、空気のような存在だ」
と言ってくれました。

人は失った時に初めて気付くのと一緒で、電車もなくなった時に困ると気付く人もいます。
そういった大切な部品を作っている会社だということを肝に銘じて楽しみながら業務に励んでいきたいと思います。
サイトマップ
会社概要
社長挨拶
沿革
主要設備
交通アクセス
サンテック株式会社
神戸電鉄いいな号(1117号)
KAKO STANDARD
創意工夫活動 (年間1人10件以上!)
社員の一言(朝礼より)

ページのトップへ