サイトマップ

社員の一言(2018年)

カコテクノスでは毎月1回、小野工場にいる社員が集まって朝礼を行っています。
そのとき社員の1人から、自由に一言皆さんへお話をして頂いています。
その内容をこちらへ掲載しております。都合により掲載のない月もあります。

 

2018年5月 話し手: 製造部 Aさん

自分の子供が小さい頃に後悔していることがあります。
「何でできひんの?」と問い詰めたことが何度もあって、そういう言い方をしてしまうと、できない理由や言い訳を考え始めてしまいます。

それを「どうやったらできる?」という言葉に少し変えるだけで、建設的な意見が、次に進めるきっかけができるのではないかと感じています。
その人ができるようになってほしいのか、できないことを単純に責めたいだけなのか、言葉の持って行きようでその人の少し先の未来が大きく変わるのではないかと反省しています。

問いかける側も責任のある発言をしたいなと思っています。
2018年4月 話し手: 品質保証部 Fさん

今年も早いもので4月となりました。最近は年のせいか時間の流れが速いと感じています。
少し前の話ですが、2月に平昌オリンピック・パラリンピックが開催され、日本人選手がたくさんのメダルを取られていました。

そのときメダリストのインタビューを聞いて感じたことは、関係者や周りの方々にまず感謝の気持ちを述べていたことです。
自分だけの力では良い成績が取れないと感じていることがよくわかりました。

これは我々の仕事も同じで、一つの製品を作るのに社内外多くの人々が関わり、皆さんが良い製品を作ろうと日々努力されています。
仕事を頂いているお客様、協力している周りの方々に感謝の気持ちを忘れず、努力を重ねてお客様に満足して頂ける品質の良い製品を作るよう努力していきたいと思います。

2018年3月 話し手: 製造部 Cさん

仕事の中で相談を受けることがあると思います。
聞き手も忙しく、相談を受けた時に軽く返事をしてしまうことがあると思います。
そういう時は質問をしている方はなんとなく聞きにくい雰囲気になり、結局聞きたいことの7~8割しか聞けないということがあると思います。

しかしそれが思わぬ不良発生にもつながるということもあるかもしれません。
後になってから、時間を取って話を聞くこともできますが、よく聞いてみると前に相談を受けた時には出て来なかった質問が出てきたりします。前に聞いていれば違うアドバイスができていたかもしれません。

事後になってからではせっかく前に相談に来てくれた意味がありませんので、相談をする方、聞く方もしっかり時間をとって話をすればそういうことがなくなりますので、今後の作業に役立てて頂きたいと思います。

2018年2月 話し手: 営業部 Nさん

18年度も第1四半期が終わります。
各自、目標の進捗状況の振り返りをお願いします。

受注が現在○億弱と大きな数字となり、昨年同月には○億でしたので、当時より多くの注残を抱えています。
2019年度以降の納期もあるものの、非常に負荷を抱えており、納期も輻輳しています。
生産活動に苦労されていると思いますが、寒い日も続きますので体調管理には十分注意して取り組んでください。
年間安全衛生計画書に、転倒災害防止という項目があり、社内にも掲示されていますが、両手に荷物、ポケットに手ということがないよう、安全に注意されるようよろしくお願いします。

サイトマップ
会社概要
社長挨拶
沿革
主要設備
交通アクセス
サンテック株式会社
神戸電鉄いいな号(1117号)
KAKO STANDARD
創意工夫活動 (年間1人10件以上!)
社員の一言(朝礼より)

ページのトップへ