サイトマップ

サンテック株式会社

高品質、小ロットの基板実装・組立メーカー

1982年より豊岡の地で、前身の加古電機株式会社を創業し、三菱電機株式会社様の半導体応用製品の製造を開始する。
現在は三菱電機株式会社様より、基板認定工場の指定を受け、主に鉄道車両用の基板実装やバックパネルの基板組立を行い、高品質な鉄道車両関連製品の製造を行っている。

  

設立 2001年(平成13年)2月1日
資本金 3,000万円
代表者 代表取締役社長 加古 公一
従業員数 55名
主要製品 プリント基板実装、電磁コイル製作、電子機器組立・試験
関連サイト テクナビ豊岡(兵庫県豊岡市の産業・技術データベース)
ジョブナビ豊岡(兵庫県豊岡市の企業・求人情報検索サイト)

工場へのアクセス

〒668-0362 兵庫県豊岡市但東町平田843番地
Tel. 0796-53-6565 Fax. 0796-55-0688

<お車でお越しの場合>
 舞鶴若狭自動車道 高速福知山ICを下り、山陰道/国道9号線を福知山・宮津方面へ。野花(交差点)を右折して国道426号線に入り約18km進む。

本社へのアクセス

〒 654-0024 神戸市須磨区大田町7-4-2
Tel. 078-732-3851(代表)
Fax. 078-732-3856

<公共交通機関でお越しの場合>
[山陽・阪神・阪急線をご利用の場合]
 山陽電鉄 東須磨駅より、徒歩5分(450m)
[JR線をご利用の場合]
 JR 鷹取駅より、徒歩7分(700m)
<お車でお越しの場合>
 国道2号線 大橋9丁目(交差点)より県道21号線方面へ向かい、大田町(交差点)を左折して県道21号線へ入る。500m進み、右側にラーメン店のある信号で右折する。次の信号を左折し150m先の一方通行路を左折する。



沿革

1982年 加古電機株式会社設立
三菱電機株式会社半導体応用製品の製造開始
1998年 電鉄用プリント基板の製造開始
体脂肪計等の量産品製造開始
2001年 三菱電機株式会社の半導体事業一部撤退により加古電機株式会社閉鎖
サンテック株式会社設立
電鉄用プリント基板、電子機器の製造継続
プロジェクター放電燈生産開始
2002年 電磁コイル巻線・成型作業の生産開始
電鉄用バックパネル組立作業の生産開始
ポンプユニット生産開始
2003年 電鉄用ATC(列車自動制御装置)生産開始
制御ユニットの生産開始
2005年 工場レイアウトにより電子機器組立スペース拡大
鉛フリー用半田槽購入
2006年 基板外観検査装置 導入開始
2007年 電鉄用バックパネル組立専用工場の設置
バックパネル用鉛フリー対応機器導入
2008年 基板用X線装置導入
2011年 プリント基板組立スペース C-1Fへ拡大
2012年 全般基板用自動ニス塗布機 設備導入
2014年 基板実装第3ライン設置
大型基板自動検査装置導入
2015年 コイル組立設備・巻線機更新導入、樹脂撹拌機導入
2016年 コンプレッサー(先端設備)更新導入

プリント基板実装

耐環境性・高品質機器の小ロット生産を請負います。

<主な特徴>
1.単なる請負だけでなく、コスト・品質の設計提案を致します。
2.新幹線の制御機器と同等の高品質な製品を提供します。
3.大手企業の技術認定を受けたプリント基板工場
※数枚単位の製作を行います。

● 面実装ライン

サンテック 基板実装ライン

手挿入・はんだライン

手挿入作業

手挿入作業

スプレーフラクサ はんだ槽

スプレーフラクサ はんだ槽

後付修正

後付修正


バックパネルライン

バックパネル組立

バックパネル組立

大型自動はんだ槽

大型自動はんだ槽


● 実装後工程

実装後工程
自動検査機

自動検査機

X線検査機

X線検査機


電磁コイル製作

コイル巻線機

コイル巻線機

注型設備

注型設備


制御装置組立

制御01
制御02
サイトマップ
会社概要
社長挨拶
沿革
主要設備
交通アクセス
サンテック株式会社
神戸電鉄いいな号(1117号)
KAKO STANDARD
創意工夫活動 (年間1人10件以上!)
社員の一言(朝礼より)

ページのトップへ