ニュース&トピックス

2013年7月18日
ハンディ型配線導通チェッカー「HWC200」が日刊工業新聞にて紹介されました。

8月下旬発売開始予定の、ハンディ型配線導通チェッカー「HWC200」が、2013年7月12日付日刊工業新聞紙上にて紹介されました。


ハンディ型配線導通チェッカー「HWC200」

ハンディ型配線導通チェッカー「HWC200」






ハンディ型配線導通チェッカー「HWC200」は、配線の抵抗値や配線が筐体に接触して起こる地絡を発光ダイオード(LED)やブザーで段階表示します。試験用線なしに、列車のような機器が離れた2点間の導通チェックを可能とし、鉄道車両、建築物、工場設備機器向けに幅広い応用が可能です。




<主な機能>
■配線導通チェックに長い電線が不要で作業性向上(筐体利用)
■電線の地絡(筐体に接触)検出が可能
■ブザー音とLED表示
■両端(二人)でダブルチェックが可能
■ツイストペア線のペアチェックが容易にできる
■1台でも従来のベルチェッカーと同様に使用可能


詳細な仕様はこちらのページよりPDFファイルをご参照ください。 >製品紹介



本件に関するお問合せは下記までお願い致します。



お問合せフォーム
ニュース&topics
会社情報
製品情報
採用情報
イベント

ページのトップへ